Chimo no Logue

chimotyの人生投資ブログ

29歳ITリーマンが人生投資の軌跡を綴ったブログ

【スポンサーリンク】

全くの投資初心者は『ズボラ投資』で投資信託で資産運用しよう

【スポンサーリンク】

今回は僕が資産運用するきっかけとなった本を紹介します。
 

 

 
著者はサラリーマン投資家の吊ら男さんで、『ズボラ投資』(2017年 ぱる出版)という本です。
 

1.ズボラ投資の特徴

見出しの「毎月10分」、「ストレスフリー」、「ズボラ」などいかにも胡散臭い印象を受けますよね(笑) 
 
 
ぶっちゃけ詐欺まがいの内容じゃね?
 
 
最初の印象はそんな感じでした。 
 
しかしながら、冒頭を読んでみて、これ面白そう!と感じ、ついつい読み進めてしまいました(笑)
 
その冒頭の内容一部を抜粋してみます。
 
・自分が寝ている間も世界の人に働いてもらい、その成果の一部を分けてもらう。
 
・誰でも100円から始められる。
 
・庶民の、庶民による、庶民が幸せになるための投資
 
以上の3点だけでも何やらかなり怪しい感じがしますね〜
 
 
しかし、投資信託(以下、投信)で投資を始める第一歩としては非常に良い本だと感じました。 
 
たった3つのキーワード(長期投資・分散投資・低コスト運用)で投信運用の極意を説明してくれています。
 

2.投資信託を始めるきっかけとしては最高の書籍

まずはこちらの本を参考に投信を始めるのが良いとおもいます。

 

実際、僕も2017年の秋頃から投信の運用を始めましたが、最初はこちらの本で薦められている商品の組み合わせで少額投資をしておりました。

 
まずはこの本を手に取りましょう!
 
「投資信託」というものを知り、実際に「投資」に触れるのに最適な内容だとおもいます。
 

3.投信運用の極意

専門的な話にはなりますが、他の投信本と同様、著者の吊ら男さんも以下で運用することを強く薦めております。
 
①.長期投資(20年程度)を目指し、短期的な損(数年〜10年) は受け入れること
②.インデックスファンドに投資すること
③.分散投資すること
 
この本を読むことで投信で資産を増やすコツや節約のコツがつかめるとおもいます。
 

4.投資の知識を増やそう

しかし、運用開始後も知識を増やし、ブラッシュアップしていくことはもちろん重要です。
 
僕自身は投信を始めて1年ほど経過しますが、当初購入し運用した商品と現在運用している商品とはがらりと変わっております。
 
それは他の投信に関する情報を書籍やネット検索などで調べ、投信への理解を深めていったからです。
 
その結果、当初運用していた商品では資産がおもうように増やせないのではないのか、と判断しました。
 
実際、この本で再三訴えている、「インデックスファンド」で「分散投資」をすることが必ずしも良い結果をもたらすとは限りません。
 
これについて何故そう言えるのか、参考になる書籍を次回紹介したいとおもいます。
 

5.何はともあれまずは読んでみよう!

 
投資信託について初心者向けに非常にわかりやすく書いていますので、軽い気持ちで読んでみることをオススメします。
 
投資への第一歩を踏み出す手助けをしてくれるでしょう。
 
これをきっかけに資産運用というものに興味を持っていただければ幸いです。
 
これからの時代、自分の資産は自分で増やさなければなりません。
 
投資して将来の生活に備えましょう。
 
毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資

毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資

 

 

最後に著者のブログも紹介しておきます。
 

【スポンサーリンク】