Chimo no Logue

chimotyの人生投資ブログ

29歳ITリーマンが人生投資の軌跡を綴ったブログ

【スポンサーリンク】

2019年11月1日に引っ越しました。

【スポンサーリンク】

こんちには。chimotyです。

11月1日に無事に引っ越しが完了した。言うてもたった3駅移動しただけやから、路線は変わらないから大きな変化というほどでもない。

前回記事に書いたんやけど、シェアハウスからシェアハウスへの引っ越しですわ。

chimoty.hatenadiary.com

前住んでいたのが個室の広さ7畳ほどの部屋で約50人との共同生活だったため色々と設備や備品は揃っていた。
しかし、今回引っ越した先は1軒屋のシェアハウスであり、全てがかなり狭い。

引っ越して2日、まだまだ片付けが終わらない中で新居の生活の感想を書きたいとおもう。思ってたのと違う「想定外」なことを書いていく。

【想定外①】4畳の部屋はやはり狭かった

まずはこれ。
7畳から4畳の部屋に引っ越したけど、まぁ思ってたよりも狭い。
元々持ち物がそれほどなかったから、4畳程度でも大丈夫やろとタカをくくってた。もちろん事前に内覧をして他の物件と比較して吟味した上で決めたんやが、いざ引っ越してみると狭すぎて寝るスペースを確保するんがやっとの状態。
他の住人が部屋に何を置いているのか、家具のレイアウトはどうしてるんか気になるところやけど、前の住居と異なり、交流を深めるような家ではないため、しばらくは聞けそうにない。
家具が部屋に全くついてないため、新しく買い揃える必要がある。今はまだダンボールの山、完全にゴミ屋敷状態や。なかなか辛み。

【想定外②】荷物が意外と多かった

これは完全に自分の判断を見誤った。
引っ越しの時に荷物整理はしたつもりやが、「持ってれば便利かも」、「使うかわからんけど小さいからとりあえず」、「処分が面倒くさいから」こういった理由で無駄に色々持ってきてしまった。
その結果、部屋はゴミ屋敷状態。どこに何があるのか全くわからん状態。
自分的にも周囲からも荷物が少ないとおもわれてたけど、4畳の部屋に住むには荷物が多すぎたと反省している。
冷静に考えると、今後持ってなくても、使わなくてもなんら困らないものばかり持っているなぁと痛感した。
これを機に断捨離、ミニマリストを目指してみようかとおもう。

【想定外③】壁が薄い

これも想定以上にひどかった。
まず外の音はめちゃくちゃ聞こえる。誰かが自転車置き場に現れたこと、車の駐車の音、そして廊下を歩く音など壁がないような感覚ですわ。
部屋の扉から廊下の光が微妙に入ってくる。しかも扉が薄い。これは内覧時に気づけなかった。木造建築だから仕方ないのかもしれんが、内心「OMG!」である。
外から空気が入りやすいため、非常に寒い。この時期での話。今後ますます寒くなる季節をどう過ごそうか真剣に悩んでいる。


以上より、引っ越した先が様々な想定外ではやくも不安が漂っている。自分で選んだ道やけれども少し後悔している。慣れればそうでもないのかな?
唯一の救いは買い物が便利だということ。
まぁ家賃も安いから仕方ないか。

【スポンサーリンク】