Chimo no Logue

chimotyの人生投資ブログ

90年生まれのゆとり世代が人生投資の軌跡を綴ったブログ

【スポンサーリンク】

1日を充実させるために起きたら●●をするのがオススメ

休日になっても予定がなく、暇を持て余すことてないかな?

特に僕の場合、結構暇だなぁと思うことがある。何しようかなぁと考えてるうちにドンドン時間だけが過ぎていく。

そして、気づけば昼を回り、15時頃になって焦りが出てくる。この時間になれば遠出するのが難しくなるからだ。

1日フリーな日はとても大切だと感じる。普段仕事で心身ともに疲弊してるから、休日くらいは脳も体も休ませる必要がある。

とは言っても、ただボーッとするだけでは、良い休日を過ごしたとは感じにくい。むしろ無駄な休日を過ごしたと思うかもしれない。

そんな無駄な1日にしないために、あなたに起きたら是非やってほしいことがある。

それが「瞑想」と「読書」だ。しかも、音楽もラジオも止めて静かな空間でやってみてほしい。

瞑想は5分、読書は15分の20分だけでいい。驚くほどその後のパフォーマンスに影響する。

内なる自分と向き合う時間と新たな知識をインプットする時間、これが脳にリラックスと刺激を与える。そうしたら、1日にやるべきこと、やりたいことが見えてくる。

何気ない日常に楽しみを見つける

会社員ならば朝家を出て仕事が終われば帰宅するのが一般的だと思う。人によっては毎日飲みに出かけたり、ご飯を食べにお店に寄ることはあるだろう。

しかし、多くの人は仕事で疲弊して帰ってダラダラ過ごして1日を終える。

そうして日々が過ぎ去っていく。

だからこそ、特に予定がない日でも何かしらの楽しみを作っておくことは大切だと思う。

1日1日を想い出に変えるためにも、何か1つ楽しみを週に何回かは作っておこう。

30過ぎて初めてファッションを真剣に考えてみた

本日は知人の紹介で知り合ったファッションコンサルの方にカジュアル服のコーディネートをしてもらった。

駆け出しで副業とのことだったが、女性目線で的確なアドバイス、お店の選定、手配など様々対応いただけて満足だ。

僕自身はファッションにほとんど興味がなく、ユニクロやGU、WE GO、ジーンズメイトなどのファストファッションのお店でしか買ったことがない。

しかし、歳を重ねて、受けが良い格好を意識するようになった。体型に合ったサイズや色を気をつけるようになったが、服への投資は避けてきた。そして、服のレパートリーが少なく、畏まった場に相応しい服がないことに気づく。

そろそろ着心地だけでなく、第三者の印象を意識した格好をしなくては、と思いファッションコンサルを頼んでみた。

やはり、自分では気づかないポイントなどを指摘してくれるのは驚きだった。

ついに130円台!?20年ぶりの円安に思うこと

ドル円の為替がついに130円台に乗ったらしい。

ここまで円安になると、実質手元の資金が大きく減ったことになる。逆にドルを保有してた人は、今かなりの資産を得ている。

円の信用度は依然高いとは言え、安全通貨としてのポジションは薄まりつつある。

つまり、日本で暮らす場合でも、ドルやユーロを保有しておかなければならない。

この世の情勢はコントロールできなくとも、自分の資産の守り方はコントロールできる。

まずはできることから取り組もう。

習慣化することの重要性

個別コンサルを受ける中で、自分の強みとして『継続力』に気付かされた。

僕自身、確かに数年前から今に至るまで、毎朝スクワットとストレッチを続けてる。腹筋や腕立て伏せなどの筋トレも週に1回は行うようにしてる。さらに週1回でランニングを始めて6年以上経つ。

なぜこんなに続けられたのか。

それは『ゆるく』やることを意識してるからだ。スクワットとストレッチはテレビやスマホを見ながらできる気軽さが良いと思ってる。それに絶対に毎朝やるわけではない。年間で300日程度行えばOKというラインを設定してる。

ランニングは自分のペースで走り、距離もその時々でマチマチだ。辛くなったら歩くし立ち止まる。雨が降ってる時や曇って雨が降りそうなら、基本的には走らないと決めてる。

こういったマイルールに沿って取り組むからこそ長く継続できてるのだと思う。

一方、継続できずに止めてしまったことも膨大にある。例えば、朝の英語学習、ブログ、noteなど。毎日頑張ると意気込んだが、結局1ヶ月程度で止めてしまった。

理由として『気軽さ』がなかったこと、必要性がなかったことが挙げられる。ブログもnoteも日記を書いたところで読まれないと感じ、内容を真剣に考え執筆する。結果、無理ゲー化して書かなくなった。

最近は当ブログで日記を書くようにして、ペースは落ちつつも3ヶ月ほどは継続できてる。これも『ゆるく』続けてるからだと思う。

多くの人は継続できずに、そのまま止めてしまう。再度取り組むこともない。

でも、どれだけ期間が空いてしまっても、完全に止めなければ、また習慣にできるチャンスはやって来る。途中で止めてしまったとしても、取り組んだ分はちゃんと成長につながってる。全ての出来事は積み重ねだから。

継続できずに悩む人は多いけれど、身構えずゆるく続けることを意識してみると良い。

とにかく最初のハードルは小さくすることが大事。取り組む量は自分をとことん甘やかして設定する。それがいつか大きな力になる。

是非、『習慣化大全』という本を読んでほしい。

【スポンサーリンク】