Chimo no Logue

chimotyの人生投資ブログ

29歳ITリーマンが人生投資の軌跡を綴ったブログ

【スポンサーリンク】

WiMAXを1ヶ月使ってわかったデメリット

【スポンサーリンク】

どうも、チモです。

今回のテーマは「WiMAX 1ヶ月使ってみたら泥沼にはまった件」

いきなりすまんです。

僕の家は訳あってインターネットの回線を引くことできんのです。

11月に引っ越したばかりやけど、どうも家のWiFi環境がよろしくない。

なので「UQ WiMAXが提供している、W06というルータのWiMAXを契約した。

今回は1ヶ月使ってみてわかったことを共有する。

オススメのWiMAX取り扱いプロバイダの詳しい情報は以下を見てほしい。

internet-kyokasho.com

今回の結論

  • ・WiMAX2+は超高速ではない。
  • ・ハイスピードエリアモードは月7GBまで
  • ・低速通信モードは使い物にならない。

WiMAXの速度は微妙

WiMAXは実はWiMAXからWiMAX2+に移行してる。

今後WiMAX2+がスタンダードになるんやけど、これも通信速度は微妙かな。

確かに日常ではサクサク快適には使えるんやけど、やはりWiFiは障害物に弱いのは変わらん。

毎日通勤中にWiFi飛ばしながらストリーミングで音楽聴いてるけど、朝の混雑時間帯ではさすがに快適に使えるわけではない。

度々通信が途切れて、モバイル通信に切り替わる。

これは電車だけじゃない。

人が多いところに出向くと結構引き起こることがわかった。

いつでもどこでも高速なわけではない、てこと覚えておいてほしい。当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

ハイスピードエリアプラスモードは月7GBまで

WiMAXは基本無制限の使い放題やけど、これはハイスピードモードの場合だけ。

より速度を求めるなら、au 4G LTE回線を使った、ハイスピードエリアモードを利用するとええ。

ただし、これは月額追加で1005円かかる上に、月最大7GBまでしか利用できない。

しかも、一度設定すると当月は変更不可能という仕様。最短で翌月になるまで変更できないのです。

実は僕はここの情報を見逃していて、ずっとハイスピードエリアモードで通信し続けてた。

結局、月の半ばで7GBを使い果たし、低速通信モードでしかWiFiが繋げんくなった。

今回の自分の最大ミスです。

低速通信じゃ使い物にならない

無制限のWiFiてことで借りたけれど、僕の手違いにより早速速度制限がかかってしまった。

月の中盤にも関わらず、低速通信モードで生活するはめに。

この低速通信、夜に速度測定した画像がこちら。(それぞれ別日に計測)


f:id:chimoty:20200118224410j:image


f:id:chimoty:20200118224426j:image

酷くない??

いや、低速なのは理解してたつもりやけど。。。

でも、この速度はさすがにないかなぁと。

スマホ格安SIMを使ってて、それも速度は速くない。しかし、その格安SIMの低速通信より遅いという事実が発覚した。

さすがに期待ハズレ過ぎた。

この低速状態でニュース記事を読み込むのはギリギリ可能やけど、Webサイトや動画などは接続中に途切れることがほとんどです。

YouTubeなら読み込みで失敗するレベル。

全く使い物にならんです。

だから、山間部とか余程電波が届きにくい場所でない限りは、ハイスピードエリアモードは使わんほうがいい。7GBなんてすぐに達してしまうから。

これが最高の学びです。

まとめ 

WiMAXを1ヶ月使ってのデメリットだけお伝えしました。

もちろんメリットもいっぱいあるけれど、僕みたいに使い方を間違ったら、めちゃくちゃストレスフルな状態で過ごさなければならない。

もしあなたがWiMAXの契約を考えてるんなら、ちゃんと計画的に利用しよう。

追記 ※2/2

月が変わり快適にネットライフを楽しんでます。

【スポンサーリンク】