Chimo no Logue

chimotyの人生投資ブログ

29歳ITリーマンが人生投資の軌跡を綴ったブログ

【スポンサーリンク】

高級ホテルのラウンジで一服してみた

【スポンサーリンク】

こんにちは、chimotyです。

12月14日(土)の午後、あまりにも暇過ぎてとりあえず外に出た。

辿り着いた先はシャングリ・ラ ホテル東京

都内でも屈指の高級ホテルの一角だ。普段とは違う場所で過ごしてみたいという思いつきで、こちらのホテルの28Fのラウンジに来た。

高級ホテルの雰囲気を味わう

僕のような庶民にはまるで遠いオシャレで重厚感溢れる雰囲気に少し圧倒された。

ジーパンにライトダウン、キャップ帽と全く雰囲気に合わない格好で来てしまった。
一つ断っておくが、別にドレスコードを意識しなくても普通に利用しても良いということは強く訴えておく。

ピアニストとチェロの伴奏者が奏でる音楽が何とも心地良い。

ほとんどが僕と同じ一般庶民なのだろうが、少しオシャレな感じがする。


f:id:chimoty:20191215002808j:image

いつもならば、公共図書館やブックカフェで時間を過ごすことが多い。
しかし、たまにはオシャレな雰囲気と高級感溢れる場所で過ごすのも人生には必要だと思い、当ホテルを訪れた。
ちなみに女性と二人で来れれば最高なのやが、残念かな、そういったパートナーは皆無なのだ。(涙)

シャングリ・ラ ホテル 東京とは

ところで当ホテルについて少し調べてみた。

Wikipediaからの引用だが、ご容赦願いたい。

香港を拠点とするケリーズ・グループが経営するホテルチェーンであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの日本ホテルだ。
シャングリ・ラ ホテル 東京 - Wikipedia

都内の高級ホテルで検索をかけてもらえればわかる通り、屈指の高級ホテルの一角だ。

もちろん僕のような底辺庶民は宿泊することなど考えられない。
カプセルホテルで十分だ。
まぁいつの日かこういった高級ホテルを住処にアドレスホッパーな生活をしてみたいとはおもう。

一流に触れる機会を設けよう

本記事を読んでくれた貴方は僕と同じような庶民かもしれないし、裕福層かもしれない。ここでは敢えて僕と同じレベルの人を想定して書く。

僕たちはそもそも日常的に高級とか一流に触れる機会はそう多くないとおもう。
僕なんてマジでない。
普段は吉野家松屋、かつやをこの上なく愛し、1日1000円以下で過ごすことを目標に生きてる。
たまの贅沢と言えば、ネットカフェに籠もってマンガに没頭することくらいだ。


f:id:chimoty:20191214170137j:image

でも人生を豊かなものにするには時には一流に触れなければならないとおもう。

多くの億万長者や成功者がそう考えている。

ホテルのラウンジで過ごす程度で一流に触れるとか言っちゃう辺り、僕はやはり薄っぺらい人間なのかもしれない。

とは言え、自ら意識的にこういった環境下で時間を過ごすことで、一流のサービスや雰囲気に触れ、価値観を磨くことは大切だと思い始めた。

これが何の役に立つかはわからない。

でも、そこで働く人の気遣いやサービス、あるいは利用しているお客様の客層など学べることはあるとおもう。
何となくいつもとは異なる心地する。
たまにはこういった経験もいいね。

※追記

会計に10分程度待ったのが少し疑問だった。
会計待ちは自分以外にいなかったはずやけど。。。忙しかったのかな?

【スポンサーリンク】